竜戯

ゲームコミュニケーショングループ【竜戯】のブログとなります。

ドラゴンクエストビルダーズ2

現在プレイしております。進行度はラスボス前のエリアです。とは言え、とりあえずストーリーなぞった程度でしかありませんが。

 

水城はあまりドラクエが好きではないのですが、そんな水城でも1と2と3はかなりやりました。その頃はRPG大好きでしたので。

 

その2の世界をベースにした、ボクセル系のゲームという事で期待していました。え、ビルダーズにも1があるじゃないか?まぁ、確かに。なんで今回やろうというところまで行ったのかというと、2からマルチプレイが導入されたからです。

 

とは言えビルダーズはシリーズ未経験。

想像では、まぁ、ドラクエの着ぐるみ着てるマインクラフトかなぁとか思っていました。

 

しかし、その想像は間違いでした。

思っていた以上にオリジナリティ溢れる作品で、なんというかやってみないと分からない楽しさがたくさんありました。そういう意味で、良い意味で予想を裏切られました。

 

 

 

マインクラフトとの違いを大きく感じた要因のひとつとして、NPCの存在がありました。

敵も味方も、ふざけてるのかと勘違いするレベルで「優しい」です。そんじょそこらの童話より子供向けなのか?と感じるくらいでした。っていうか、敵ですよ、敵。敵なのに「いや、親切かよ!」って三村ばりにツッコミたくなるくらいです。

「オマエをコロス。だがここは危ないから安全なところまで行ってからコロスからついてこい。」って、もうどこからつっこんでいいのやら。

最初は気色悪いくらいの「優しさの押し売り」が違和感バリバリでしたが…慣れるものですね。気色悪さから優しさを経て愛着に変わるという不思議な化学反応を見ました。

 

ま、その優しさの押し売りはともかくとして、なんだかんだと愛着を感じるNPC達だなと感じたのは事実。というか個人的には主人の相棒シドーは結構気に入りました。ただ、まぁ、名前からも分かるように彼には過酷な試練というか現実があるので、結構つらいですね。

 

クラフトについては、最初ゲームを始めると「からっぽの島」というところでチュートリアルをやりまして、その後は島を巡っては帰ってくるというのを繰り返します。

メインストーリーの新しい島に行って話を進めて、新しいレシピを覚えて、仲間を連れて帰る。

帰ったら連れてきた仲間をからっぽの島に住ませ、その間はフリーでクラフトしたり「そざい島」という素材集めに特化した島に行ってみたりしていきます。

そざい島は、その島にある素材をチェックしていくところから始まり、その島で取れる素材を全てチェックするとボーナスで一部の素材が無限に使用出来るようになります。またそざい島は訪れる度に地形が変わります。

そざい島で素材を集めながらからっぽの島でのストーリーを進めると次の島へ、となります。このサイクルで基本的には話は進みます。

 

ストーリーの中で、各島では3段階にもなる巨大建造物を建築します。またはからっぽの島においても帰還してからまず大きな建築などをします。

これ、自分はやりません。いや、これには驚きましたね。まさかの主人公はやらないっていうね。NPCが勝手に素材集めて自分たちで建築してくれます。その間は「主人公にしか出来ない事」という名目で別のクエを与えられますが、ふと見るとみるみる大きくなる建造物を客観的に眺めてるのも意外と一興だなと思いました。

ちなみに普段から、特定の条件を満たせば建築や農業や料理などはNPCがやってくれます。便利ですね。

あとストーリーの島では必ず最後にボスがいます。ボスは特殊な戦闘をする場合が多いですね。

 

という風にストーリーを進めるとある程度レシピが揃っていきます。ですが、やはりそこは元がRPGなだけあって隠しレシピや要素も色々あるようでした。

 

元々RPGなわけですから戦闘もありますが、戦闘についてはやや大味な印象でした。緊急回避も無ければガードも無く、単に殴って、移動や普通のダッシュを駆使して回避するような感じです。それでも慣れてくると敵の攻撃モーションが分かってくるので移動とかでも回避出来るようになります。

そういえばほとんど魔法は出ません。全くとは言いませんが、ほぼ出てきません。少なくとも自分が意識的に使う事は出来ません。

 

あとはモンスターズなどにもあるようなモンスターを仲間にするという要素もありました。そこで例えばホイミスライムを仲間にすればホイミ使ってもらえたりというのはあります。

ちなみに仲間になるモンスターには特技があり、スライムなら乗った時に落下ダメージ軽減(柔らかいから)とか、キメラなら掴まって空を飛べたりとか、そういうのがあります。

 

 

まぁ、全てを書ききれるものではありませんが、ボクセルベースでかなりしっかりとしたドラクエらしいオリジナリティを踏まえた作品だなという印象でした。

全体的に面白いです。ドラクエ好き、クラフト好きはもちろん、そうでない人でも分かりやすく受け入れやすい世界観なので良かったなと思います。

マルチプレイについては、最初のストーリーの島をクリアしてからっぽの島に帰還した段階で解放されますが、その時点ではレシピが少ないので、やはりクリア後のお楽しみという感じになりそうです。今のところやってません。

とりあえず水城としては、久しぶりに楽しい作品だなと感じた作品です。買って損はないでしょうね。