竜戯

ゲームコミュニケーショングループ【竜戯】のブログとなります。

【雑記】銀河英雄伝説の新アニメを観た

かなり古くから、小説もアニメも何十回も見返した「銀河英雄伝説」が今年再びフルリメイクでアニメ化されました。

 

古くからのファンとしては微妙な気持ちとも言えますが、食わず嫌いはどうかという事でここまで配信されている第5話まで観させていただきました。

 

個人的に良かったと思った事。

艦隊戦が3DCGにより描かれており、とても綺麗でした。若干、重厚感が薄れたようにも思えますが、そこまで違和感を感じるほどでは無かったです。

あとキャラクターの一部の作画が良かった。主に女性キャラ。やはり前作は古かった為、綺麗な女性キャラが上手く描けていなかったところがありました。

 

とにかく全体的に思っていたよりもすんなり入ってきましたね。

それと前作アニメよりも原作小説に忠実に作ってあるところは見方にもよりますが、良く言えば「忠実」であり、悪く言えば「そのまんま」「アレンジする度胸がなかった?」などと言えるのかもしれません。ただ個人的には前作はアニメはアレンジされているエピソードが多かったので原作通りのアニメも良いなと思いました。

 

ここからはあまり良くなかったと感じたところです。

悪いというわけではなく、個人的に合わなかったなという部分となります。

 

全体的にキャラクターの個性が薄い。

これは前作が偉大な声優が揃って描かれた作品なので、どうしてもキャラクターの個性を語る上で声は重要なファクターになるので仕方ない事ですが、それにしてもそこを差し引いてもちょっと個性が弱いように感じました。

ラインハルトもキルヒアイスもちょっと特徴が無かったように思えましたし、あとどうしても違和感ばかりが酷かったのがキャゼルヌ。どう頑張ってもキャゼルヌに見えません。他にもトリューニヒトの「悪者感」があまり感じなかったり、オーベルシュタインも普通の人に見えました。

 

・・・この作品は、壮大なストーリーはもちろんですが、やはり最大の魅力はその人間味溢れる個性的な登場人物達だと思います。

それらの登場人物が、まるで生きているかのような存在感をしっかりと、それも主要じゃないキャラクターまでもが存在感を持っている事こそ魅力なんだと思うんです。

数多の登場人物達が、あの激動の時代に何を見、何を感じ、何に幸せを感じ、何に涙したのか。それを感じる事が銀河英雄伝説の最大の楽しみだと思うんです。

 

なので個性が薄いという事はちょっと困ったものです。

セリフやストーリーは原作そのままがほとんどなので楽しめるでしょう。

でも人間模様というか、それぞれのキャラクター達が何に命をかけて戦っているのか、というところまで視聴者に伝わるかな、という印象です。

 

 

もちろん、これは前作アニメをそれこそディスクが擦り切れるんじゃないかっていうくらい見返して、セリフのタイミングも覚えてしまうくらい見まくったからこその印象なのかもしれません。声も、いでたちも、個性も、前作ファンはきっと前作のキャラクター達が心にこびりついているでしょうから。

今の、それこそ「へぇ、昔すごい人気だった作品がリメイクされるのか。ちょっと見てみたいかもな」くらいの若者には悪くないのかもしれません。むしろそういう方々に素晴らしい作品があった事を伝える作品としては非常に良いものだと思います。

 

なのでこのアニメは、前作のアニメをどれくらい見たかによって極端に評価の分かれる作品だと思いますが、根底にある作品は数十年経った今なおファンがずっといる作品ですから、とにかく前作を見た事ない方やちょっとくらいしか知らない方にはとてもオススメしたいと思います。

 

 

最後に心配事をひとつ。

この作品はかなり壮大な作品です。なので物語そのものもとても長い作品です。

果たして今やっているペースでだと、終わるのはいつになるのだろう?そしてちゃんと終わるまでやるんだろうか?

最後のあのシーンまで観て初めて「銀河英雄伝説」です。

ぜひこれから見る方々にもあのシーンまで観てもらいたいですね。