読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竜戯

ゲームコミュニケーショングループ【竜戯】のブログとなります。

【竜戯】ゴーストリコンワイルドランズ水城視点2配信

ゴーストリコンワイルドランズのプレイ動画、水城視点2をアップしました。

 


ゴーストリコンワイルドランズ水城視点2

 

今回は、テロップ入れに初挑戦してみました。

いやー難しいです。テロップ入れ。本当によくこんなのみんなやってますな。

でもやはりあると無いとでは面白みに違いがありますね。

 

今後も編集の仕方を模索しつつ、編集でも楽しませられる動画作りを目指せたらなと思います。

【竜戯】ゴーストリコンワイルドランズ水城視点1配信

皆様こんにちわ、水城でございます。

 

【竜戯】ゴーストリコンワイルドランズ水城視点1が配信されました。

 

【竜戯】ゴーストリコン ワイルドランズ水城視点1 - YouTube

 

今回はかなり面白かったです。

ホラー現象が発生。とあるプレイヤーが心霊体験します。ボリビアに繰り広げられる恐ろしい心霊現象の数々。爆笑しました。

 

 

ぜひご覧くださいませ。

週末は忙しい

皆様こんにちわ、水城でございます。

 

この週末、動画の撮影はたくさんやれております。ですがそれを編集し、アップする時間がない…。

 

そもそも週末は忙しく、ゲームする時間も平日より短いので動画処理する時間が足りませんね。

 

週明けにでもまとめてアップ予定でございます。

直近の動画配信予定

皆様こんにちわ、水城でございます。

 

今後の動画配信について、お知らせです。

 

当面ゴーストリコンワイルドランズの配信をしていこうかなと考えております。

ただメンバーは多少入れ違い、ストーリーを追うような形ではなく、その日に集まったメンバーでゆるく遊んでいる様を撮影するようなスタイルでございますので、特にストーリーを動画で見たいなんていう需要には合わないでしょう。

どうしてもメイン撮影者である私水城がストーリーに興味がないというのがあり、基本スキップしちゃうんです。申し訳ない。ストーリーをしっかり楽しみたい方はぜひご自身でご購入をお願い致します。

ちなみに動画も可能なら編集をしておもしろく作れないか検討中…というか勉強中です。何せ全く知識が無いもので。

でもやっぱり決定的なシーンをテロップなどで強調出来たりすると楽しそうなんですけどね。

 

ああ、誰か動画編集教えてくれませんかね。

 

 

本当ならモンスターハンターダブルクロスなんかも配信したいところですが、残念ながら撮影環境が無いので、こちらはゲームだけ楽しみます。

 

あとは余裕があればドラゴンズドグマオンラインのシーズン2.3でしょうか。ただモンハンにワイルドランズにとあるので社会人ゲーマーとしては時間的に厳しいような。

 

 

あとライブ配信は当面考えておりません。

やはりライブだと画面右側に帯が付くのがどうしてもやりにくい。PS4本体だけでの配信なのでそこは限界があります。

 

 

ま、そんな感じでのんびりやっていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

【竜戯】ゴーストリコンワイルドランズ0配信

皆様こんにちわ、水城でございます。

 

遂に発売されたゴーストリコンワイルドランズ。今回はパート0という事で、まだパッケージ版購入組は出来ないというのに我慢出来なかったDL組の3人がお先に始めちゃいました、という内容になっております。

 

ま、でも、この時点で長々とDDONやった後なので少し疲れ気味かも。

 

個人的には、撮影し始めたのに撮影をすっかり忘れて単にワイルドランズを楽しんでました。

 

ま、次回のパート1からが本番という事で。

よろしくお願い致します。

 

【竜戯】ゴーストリコンワイルドランズ0 - YouTube

竜戯について

皆様こんにちわ、水城でございます。

今回は我々「竜戯」についてです。

 

我々竜戯は元々はモンスターハンターシリーズ、具体的にはMHP2Gから始まったオンラインコミュニティであり、その前身は「竜戯生活」というオフラインのコミュニティでした。

当時ローカルプレイからオンラインへの、少なくとも俺の中では過渡期にあり、よりコミュニケーションの幅を広げる為、また社会人として仕事をしながらローカルプレイを継続するのは難しいと考えた為に「竜戯オンライン」という新たなコミュニティを作りました。

 

当時はそれとは別にXBOX360FPSのコミュニティを持っており、そこのメンバーに声を掛けたところ思いの外反響があり、やがてXBOX360のコミュニティが下火になり、結果「竜戯オンライン」のみとなりました。

 

その頃、我々「竜戯オンライン」には新たな参加者が多数加わりました。

俺が当時SNSでひたすら勧誘をして回ったからなんですが、その時参加した方々は今もなお仲良くやっております。

 

ちなみに「竜戯」という名前の由来ですが。

「竜」とはゲームにおける敵、モンスターであったりの象徴として、それらと戦うというよりも「戯れる」くらいののんびりとした気持ちで遊びたいというところから「竜戯」と名付けました。

 

やがて「竜戯オンライン」のメンバーで他のゲームを多数やるようになり、あるところで「モンスターハンターのコミュニティ」から「モンスターハンターを中心としたゲームコミュニティ」へと変わりました。

細かいようですが、これが「竜戯オンライン」が「竜戯」になった時でした。

 

一環しているところとして、我々はゲームの上手さや勝負の勝ち負けというものにこだわるわけではなく、ゲームを通じた人と人とのコミュニケーションをメインとしている、というところです。

元々それほどゲームが上手いつもりもありませんし、それで人を集めたつもりもない。ただ同じゲームをして、一緒に笑いたいだけという。

 

時には別の名前で対戦ゲームに興じたりする事もありました。例えば「CL4P-TP」というチーム名でアーマードコアなんかやってたりしましたし。結果、その後は竜戯に統合みたいになりましたが。

 

 

2009年に発足した我々。もう今年の9月で8年目になります。会った事あるメンバーもいれば会った事ないメンバーもいる。でもオンラインだけでこれだけ長いコミュニティを作り上げ継続出来た事は大きな事だと思います。

 

 

今年に入り、動画配信開始という新たな節目を迎えました。

今後も竜戯で、いろんな角度からゲームを楽しんでいけたらなと思います。

ゴーストリコンワイルドランズ発売前まとめ

皆様こんにちわ、水城でございます。

 

いよいよゴーストリコンワイルドランズ発売が間近となりました。

もうすでにPSストアで購入を済ませ、ダウンロード待ちでございます。

 

今回のゴーストリコンワイルドランズはステルスを重視したオープンワールドTPSという事で、非常に期待しております。

特にCOOPメインというのが、我々竜戯としては嬉しい。今や率先して対戦したいという面子はおりませんので。

 

ベータをやった感じ、ドロップイン型のCOOPはやはりパーティを組みやすいなと感じたのと、逆にミッション指定した時に他のメンバーからすると左上にちょこっと「ミッションに参加」というのが出るので若干分かりにくいかなと思いました。

プレイした感じとしては、ノーマルなTPSで特筆するほどの特徴はありません。良くも悪くも。ただ遮蔽物に寄ってしゃがんだりすると中途半端に自動でカバーアクションをするのがかえって邪魔だと感じたりしました。この辺りは正直Divisionがかなり優秀だったので残念です。

 

フィールドはとにかく広いし、景色も良いです。民間人なんかも随所にいて、というかたまに「どうしてここに歩行者が?」みたいなところはありましたが、それでもそこまで悪くないかなと思いました。ミッションに関係ないところで敵に捕らえられたりしてる民間人がいたりとか。

 

ファストトラベルはそこまで自由ではなく、故に乗り物を活用する場面が多くなります。というか乗り物の種類が豊富で車両だけでも多いのにヘリやらセスナなどもあって、基本的には乗り物で移動するのはさほど苦にはなりませんでした。ただ操作はコツがいる感じです。

 

今後どう感じるかは別として、今のところは乗り物でみんなで移動するのが楽しいのでファストトラベルについてはそこまで気にならないかなと思います。それに最低限以上のファストトラベルポイントはありますし。

 

ガンスミスはゴーストリコンシリーズの目玉であり、銃器好きにはたまらない内容なのではないでしょうか。個人的には銃器はそこまで詳しくないものの、それでもすげーっ!てなりました。

あとは銃器などの種類がどれくらい出るのか、それが楽しみというか心配というか。

 

銃器だけではなく、気になるところはやはり「どれくらいのやり込み要素があるのか」というところ。ベータで2エリアあって、全部で21エリア。つまりあと19エリアやってないところがあるわけです。

これが多いと見るか、少ないと見るか。

正直ストーリーミッションだけをやったらそこまで長い時間掛からないと思います。もちろんサイドミッションは豊富にありますけど。

もしやり尽くしてしまった時に、ハクスラというわけでもないので武器探しとかあるわけでもありません。となると、何をするのだろうか。スキルについても凄まじい数があるというわけでもありませんでしたし。

時間は掛かるでしょうが、ミッション全て完了しスキルも全て解放したら、あとは?というところです。

 

ま、それでも十分楽しそうなのでDL版を買うわけですけど。

 

 

 

とにかく楽しみです。

動画も夜から撮影していきたいと思います。最初から全てを撮影するというわけにはいかないと思いますが。

配信したら記事にしていきます。