竜戯

ゲームコミュニケーショングループ【竜戯】のブログとなります。

Diablo3rosその1

繰り返しプレイしても飽きさせないゲームがある、なんて話を以前書いたが、今回もその類のお話となる。

 

今回はDiablo3というゲーム。

ハックアンドスラッシュと呼ばれるジャンルの金字塔とも言われるこのソフトは2012年に発売され、その後何度かの大型アップデートを経て、現在もなおプレイしている。

 

見下ろし型のアクションRPGという構成となっており、FPSなどと違い「3D酔い」などが無いのでプレイしやすい。

プレイヤーは、バーバリアン、クルセイダー、モンク、デーモンハンター、ウィザード、ウィッチドクター、ネクロマンサーという7つのクラスを選択してスタートする。ちなみに男女を選ぶ事は出来るがキャラクターメイキングなどはない。

ストーリーは大まかに5章まであり、それぞれの章によって舞台となるマップが異なる。ちなみにこのゲームのマップは基本的にランダム生成となっており、同じ場所でも入る度に多少構造が変化する。

ストーリーを進めていくとレベルもそれなりに上がってくると思うが、まずハクスラというジャンルのゲームは「レベル最大までがチュートリアルで、そこからが本番」である。もちろんこのゲームもそうで、70レベルが最大だが、そのレベルになった途端にそれまでに集めた数々の装備はほぼゴミとなる。ハクスラは、常により良い装備をひたすら探し求めるゲームだが、探す大前提としてレベル最大の装備である事だからである。

なのでまずやるべきは、ストーリーなどは二の次でレベルを最大にする事。むしろストーリーなどは有って無きようなもの。

 

レベルが最大の70になったところでいよいよスタートラインに立つ事になるわけだが、ここから新しいレベルがスタートする。それはパラゴンレベルというもので、このパラゴンレベルには上限が無い。つまりいつまでもレベルは上がり続けていく。パラゴンレベルが上がるとそれまで出来なかったパラメーター振りが出来るようになる。

 

さて、レベルが最大になったわけなのでいよいよ装備集めを本格的に始めるわけだが、装備にはレアリティの設定があり、ここまで来ると「レジェンダリー」と「セットアイテム」以外のレアリティは一切不要である。

ちなみにこのゲーム、レジェンダリーというレアリティの装備は結構たくさん手に入る。ただしレジェンダリーであれば良いわけでもなく、効果を見てより強い装備を探したり、効果が良くてもパラメーターに幅がるのでより良いパラメーターの装備を探す事となる。

加えてセットアイテムだが、最近ではよく見るようになったタイプの装備で、同じシリーズを複数装備すると別の特殊な効果が発動するというもの。セットは2~6セットまで存在する。また「マイナス1リング」という通称で呼ばれる「王家威光の指輪」というものを装備すれば、セット効果を発動させる装備の数がひとつ減らす事が出来る。例えば6セット効果を5箇所だけで発動させたり出来るわけだ。

 

そして装備を集める為の舞台はというと、いくつか存在している。繰り返し同じ事をやらなくても気分を変えて収集作業に没頭出来るようになっている。もちろん効率を最優先したら話は変わってくるが。

その舞台は主にアドベンチャーモードの中にある。アドベンチャーモードとはストーリーモードをクリアすると解放されるモード。アドベンチャーモードに入るとストーリーモードとほとんど変わらない世界に入るが、よく見ればストーリーモードにはいなかったNPCが街に何人かいる。

アドベンチャーモード内では、いくつかのクエストやチャレンジがある。これらをプレイして装備を集める事になる。

 

まず「報酬クエスト」だが、各章、各エリアにランダムにクエストが発生する。それらをこなしていくと章単位で「ホラドリムの箱」という宝箱がもらえる。「ホラドリムの箱」にはそこからしか取れない装備や素材アイテムが入っている。前述した「王家威光の指輪」は第1章のホラドリムの箱からしか出ない。

 

次に「ネファレムリフト」である。これはオレックというNPCのところにあるモニュメントから入る事が出来るランダムダンジョンである。敵を倒すとゲージが進んでいき、100%までゲージが溜まるとリフトガーディアンという特別なボスが登場する。基本的にネファレムリフトは通常のクエストよりもレジェンダリーアイテムが出やすく設定されており、ボス、エリート、チャンピオンと言った上位アイテムをドロップする敵も多数出るので、ある意味では一番オーソドックスなアイテム収集かもしれない。

 

最後に「グレーターリフト」だが、これはネファレムリフトのより上位版のようなイメージかもしれない。グレーターリフトにはレベルがあり、レベルによって敵の強さは固定となる。例えば極端な話、ノーマル難易度でゲームをしててもグレーターリフトのレベル50とかに行けばゲーム難易度トーメントクラスの敵の強さになる。

グレーターリフトに行くにはネファレムリフトで取得出来る「リフトの要石」が必要となる。

ネファレムリフトはマルチプレイの際に、いつでも途中参加出来るが、グレーターリフトはリフトを開くタイミングで参加不参加を求められ、途中参加は出来ない。

いざリフトに入ると敵は基本的に何も落とさない。エリートやチャンピオンがオーブを落とすだけである。敵を倒すかオーブを取得するとネファレムリフトのようにゲージが進み、100%になるとリフトガーディアンが登場するというところは同じだが、大きな違いとしてグレーターリフトは時間制限がある。一定時間内に100%にする事が出来るか出来ないかで報酬は変わってくる。

時間内に100%に出来れば報酬としてレジェンダリー宝石の強化が出来る。レジェンダリー宝石とはグレーターリフトのリフトガーディアンだけがドロップする特殊な宝石である。宝石自体は普通の敵もドロップするが、それは装備のスロットに装着してパラメーターを上昇させる効果がある。しかしレジェンダリー宝石はアミュレット、指輪にしか装着出来ず、しかもレジェンダリー装備のような特殊な効果が付与されている。しかもレジェンダリー宝石は強化していく事により更なる特殊な効果を得る事が出来る。

 

 

 

 

このままではいつまでも文章が終わらないので、グレーターリフトの話が終わったところで一度文章を切ろうかと思う。

ボーダーランズその2

繰り返しやっても飽きないゲームというのには、それなりに理由がある。

ボーダーランズにおけるその理由とは、前の記事で書いたキャラクターという部分が大きい。

 

そしてそのキャラクターを生かすゲームシステムがあるわけだが、今回はそれについて書きたいと思う。

 

ボーダーランズシリーズは基本的にFPSである。つまりファーストパーソンシューターであり、一人称視点で行うゲームである。これまでのFPSのほとんどが「対戦」に重きを置いたのに対してボーダーランズは「協力」が主である。一応対戦モードの「決闘」というのもあるが、キャラクターにより有利不利な技が違う関係であまり機能していない。

加えてRPGの要素として成長要素、いわゆるレベリングがあり、2においては更にレベルの上限解放オーバーパワーといった要素もある。

RPGの要素であるストーリーをレベルを上げながら進めていく。その際の移動や戦闘などと言ったアクション部分がFPSである。その要素を補うように目的地や進行クエストの共有などがあるので、それぞれの視点からでも今何をしているのかが分かりやすい。しかしながら必ずしも一緒に行動しなければならないというわけでもなく、ボーダーランズは基本的にエリアとエリアを組み合わせて大きなマップとしているが、同一エリアであれば好きなように動く事が出来る。ただしエリアを移動する際には自動的にエリアのどこにいてもワープする仕様である。

 

エストにはメインとなるストーリーとサブがある。サブだけでもかなり多いし、ストーリーの補填となる物語が多い。

 

このゲームにはハックアンドスラッシュの要素もあるが、主に武器、シールド、MODなどが収集要素のメインとなる。

それら全てが個別のパラメーターを持ち、レベルが高かったりレアリティが高いと性能が上がる。最もレアリティの高いレジェンダリーやシアンといったアイテムについては基本能力値以外にも特殊な効果が付与されていたりもする。

最終的にはレジェンダリーやシアンと言った高ランクのレアリティのアイテムを、今度はより良い数字のものを探す為に繰り返しゲームをする。

これがハックアンドスラッシュの要素であり、このゲームを繰り返しプレイしても面白いと思わせる部分のキモでもある。

 

こういったタイプのゲームにはあまり「最強装備」というものがない。

ボーダーランズにおいてもそれは同様で、強いレジェンダリーというものは存在するが誰が使っても最強になるような武器はない。これはやはりレジェンダリーの効果というものが特殊で、その効果が良いというプレイヤー、もしくはスキル的に相性の良いキャラクターはいるが、誰が使っても必ず最強という風にはならない。また最強武器というものがあった場合、それはひとつの到達点となり、それによって「ああ、このゲームは終わり」という気持ちにさせる。だからこういうゲームの場合、最強武器というものが仮に存在した場合「バランスブレイカー」と呼ばれてしまう。

 

そういえばこのゲーム、銃撃戦で戦闘を行うのだが、その銃にファンタジーの様なエレメント効果があるもの面白い。

ファイア、ショック、コロッシブ、エクスプローシブ。2ではそれにスラグという属性が追加。更にプリシークエルではクリオという属性が追加された。

これらにはちゃんとした意味があり、得意な相手というものがある。

ファイアは生身の人間に効果が高い。ショックは相手のシールドを剥がしやすい。エクスプローシブはある程度どんな相手にも効くが弾速が遅いなどのデメリットもある。

スラグは、相手がスラグ状態になっていると他の属性の効果が高くなる。クリオは相手を凍結させる事が出来る。

エレメンタル効果のある武器で攻撃すると上記のような効果が発動する。

そしてこのエレメンタル効果というものはゲームデータとしての話ではない。ちゃんとストーリーにも関わってくる。

 

 

こうして様々な要素を含むアクションパートを一人称視点で、しかも成長と収集の要素まで詰め込んだ作品がこのボーダーランズというゲームであり、今でこそこういったゲームは多いものの、当時としては珍しいジャンルだった。

やり尽くさない、語り尽くせない、そんなゲームだからこそ今なお愛されるゲームなんだろうと思う。

ボーダーランズその1

竜戯において主要なメンバーが口を揃えて「名作」と言うゲームがいくつかあると思う。

特に今回紹介する「ボーダーランズ」というゲームは一般的にも名作と呼ばれる事が多く、数多のファンを抱えている。

 

ボーダーランズは基本的なシリーズとして、1と2とプリシークエルというソフトがある。

 

時代背景としてはプリシークエルが一番古く、次に1と2が来る。まぁ、ありがちな構成ではある。

しかも1については確かメーカー側の想像を超えて人気となった為、2が続編として登場した際にやや違和感のある、というか、無理矢理感のある設定になっているように見える部分もある。

それなのに、特に2はほぼ神ゲーと言ってもいいような評価である。

 

話の流れとしては、パンドラという惑星を舞台としておりヴォルトと呼ばれるエイリアンの未知のテクノロジーをトレジャーハンターであるプレイヤーキャラクターが探索するという話。

ゲーム的には4人まで協力してプレイ出来る仕様で、いわゆるFPSRPG、しかもハックアンドスラッシュというジャンルに当たるRPGが合体したような作りとなっており、基本的な動作はFPSだし勿論シューティングなのだがレベルや武器探索というハックアンドスラッシュRPGの要素があり、FPSによくある「ひとりだと同じ事の繰り返ししかない」という弱点をRPG、しかもハックアンドスラッシュというジャンルでカバーしたような形でもある。

 

ちなみに念のために、ハックアンドスラッシュとはアイテム(主に武器など)にランダム性を持たせ、繰り返しプレイする事でより良いアイテムが手に入るようにし、繰り返しプレイしながらももっと良いアイテムを探すという目的でモチベーションを上げるように作られたゲーム。代表的なゲームでは、我々も大好きな「Diablo」などがある。

 

ボーダーランズの魅力を語るにあたり、必ず出てくる事として「ぶっ飛んだ世界観」と「超個性的なキャラクター」がある。むしろこの2点において他に類を見ないゲームであり、前述したFPS+RPGというところはその次くらいの要素だと思う。

 

「ぶっ飛んだ世界観」というところについてだが、まず一言で表すとすれば「ヒャッハー」である。これ以外に正直思い浮かばない。それくらいクレイジーな世界観であり、ツッコミ所満載だが、それがとにかく面白い。

 雰囲気としては世紀末感というか、近代的な美麗さの欠片もなく砂埃や錆が舞う寂れた都市と、少しでも街から離れればモンスターやバンディットと呼ばれる「ならず者」が闊歩する世界。

人々は汚れた、もしくはボロボロの衣服を着て、まるで世界そのものを罵りながら生活しているかの様子で、それらを超越してしまったこの中でも一部の人々はむしろ逆に狂気に近いほどの「どこかがハズレた」明るさを持って生活している。

我々が住む世界とは価値観の根底が違う世界。それがまた面白い。

 

「超個性的なキャラクター」というところは、正直なところ書ききれないというのが本音である。

まず1だが、ソフトのパッケージには通常主要キャラクターや主人公を描く事が一般的だと思うが、そのゲームは違う。描かれているキャラクターは、ただの雑魚キャラである。しかも顔面ドアップで。だが「ただの」と書いたが実はそうでもないというところもあり、この雑魚キャラはスティーブという名を与えられ、1においてはプロモーション用のムービーに「自らの頭を至極明るく銃で撃ち抜く役」として登場。更には2ではさらっとMOBとして参加している。

全シリーズを通して背油たっぷり豚骨ラーメンよりも濃い面子ばかり。

1であれば主人公の4人やエンジェル、アテナやknoxx将軍などと少なめではあるが、これはやはり1をそこまでの作品と製作側も見ていなかったからだと思われる。

2になるとキャラクターは一気に増え、個性的なキャラクターを挙げろなんて言った日にはほぼ全ての登場キャラクターとなってしまうレベルである。また2において初めてキャラクターの関係や1で謎にされていた伏線(というか単に明かしてなかっただけかもしれない)を回収したりしている。また2には1の主人公が全て登場し、前作からのファンとしては嬉しい限りであるが、ストーリー的には色々と事件があったりもする。

プリシークエルでは1の前の時系列のストーリーとなり、2で完全無欠の悪役を演じたハンサムジャックが悪役に至るまでを描いている。何よりシリーズ通して人気の高い(竜戯では一部のメンバーからは嫌われているが)クラップトラップがプレイアブルキャラクターとして登場した。他にも何かしら2のキャラクターと関係のある人物がたくさん登場し、話をより深くしている。

 

大分長くなってしまった。

それだけ語りきれないほどの魅力があるという事だ。

ゲーム的な要素については別の記事にするとして、まだまだ書き足りないとは思いながらも一旦筆を置こうと思う。

 

 

【雑記】銀河英雄伝説の新アニメを観た

かなり古くから、小説もアニメも何十回も見返した「銀河英雄伝説」が今年再びフルリメイクでアニメ化されました。

 

古くからのファンとしては微妙な気持ちとも言えますが、食わず嫌いはどうかという事でここまで配信されている第5話まで観させていただきました。

 

個人的に良かったと思った事。

艦隊戦が3DCGにより描かれており、とても綺麗でした。若干、重厚感が薄れたようにも思えますが、そこまで違和感を感じるほどでは無かったです。

あとキャラクターの一部の作画が良かった。主に女性キャラ。やはり前作は古かった為、綺麗な女性キャラが上手く描けていなかったところがありました。

 

とにかく全体的に思っていたよりもすんなり入ってきましたね。

それと前作アニメよりも原作小説に忠実に作ってあるところは見方にもよりますが、良く言えば「忠実」であり、悪く言えば「そのまんま」「アレンジする度胸がなかった?」などと言えるのかもしれません。ただ個人的には前作はアニメはアレンジされているエピソードが多かったので原作通りのアニメも良いなと思いました。

 

ここからはあまり良くなかったと感じたところです。

悪いというわけではなく、個人的に合わなかったなという部分となります。

 

全体的にキャラクターの個性が薄い。

これは前作が偉大な声優が揃って描かれた作品なので、どうしてもキャラクターの個性を語る上で声は重要なファクターになるので仕方ない事ですが、それにしてもそこを差し引いてもちょっと個性が弱いように感じました。

ラインハルトもキルヒアイスもちょっと特徴が無かったように思えましたし、あとどうしても違和感ばかりが酷かったのがキャゼルヌ。どう頑張ってもキャゼルヌに見えません。他にもトリューニヒトの「悪者感」があまり感じなかったり、オーベルシュタインも普通の人に見えました。

 

・・・この作品は、壮大なストーリーはもちろんですが、やはり最大の魅力はその人間味溢れる個性的な登場人物達だと思います。

それらの登場人物が、まるで生きているかのような存在感をしっかりと、それも主要じゃないキャラクターまでもが存在感を持っている事こそ魅力なんだと思うんです。

数多の登場人物達が、あの激動の時代に何を見、何を感じ、何に幸せを感じ、何に涙したのか。それを感じる事が銀河英雄伝説の最大の楽しみだと思うんです。

 

なので個性が薄いという事はちょっと困ったものです。

セリフやストーリーは原作そのままがほとんどなので楽しめるでしょう。

でも人間模様というか、それぞれのキャラクター達が何に命をかけて戦っているのか、というところまで視聴者に伝わるかな、という印象です。

 

 

もちろん、これは前作アニメをそれこそディスクが擦り切れるんじゃないかっていうくらい見返して、セリフのタイミングも覚えてしまうくらい見まくったからこその印象なのかもしれません。声も、いでたちも、個性も、前作ファンはきっと前作のキャラクター達が心にこびりついているでしょうから。

今の、それこそ「へぇ、昔すごい人気だった作品がリメイクされるのか。ちょっと見てみたいかもな」くらいの若者には悪くないのかもしれません。むしろそういう方々に素晴らしい作品があった事を伝える作品としては非常に良いものだと思います。

 

なのでこのアニメは、前作のアニメをどれくらい見たかによって極端に評価の分かれる作品だと思いますが、根底にある作品は数十年経った今なおファンがずっといる作品ですから、とにかく前作を見た事ない方やちょっとくらいしか知らない方にはとてもオススメしたいと思います。

 

 

最後に心配事をひとつ。

この作品はかなり壮大な作品です。なので物語そのものもとても長い作品です。

果たして今やっているペースでだと、終わるのはいつになるのだろう?そしてちゃんと終わるまでやるんだろうか?

最後のあのシーンまで観て初めて「銀河英雄伝説」です。

ぜひこれから見る方々にもあのシーンまで観てもらいたいですね。

動画関連のまとめ

現在やっている動画関連のまとめをひとつ。

 

【竜戯の狩猟生活】

モンスターハンターワールドですね。

こちらはうちのメインコンテンツですので当分継続です。面子を入れ替えながら色々やっていきたいと思います。

 

【しゅりけんガールズ】

こちらはArk:SurvivalEvolvedです。

まだ一回だけですが、今のところ身内人気度No.1なので継続。やはりいなまっちゃんとゆうの化学反応は素晴らしい。

 

【熟練サバイバー】

まだYouTubeにアップしていない動画です。

ゲームはArk:SurvivalEvolvedですね。

難易度をシビアにした設定で、我々熟練サバイバー(笑)の(笑)が取れる日は来るのか?というもの。

 

【企画名未定】

雑談枠です。

まだ未定ですが、アップした動画についての裏話とか、そういう雑談をやれたらと思ったりしています。

もしくは有識者(?)による解説でもいいかもしれません。

 

 

 

 

あまり動画ばかりやり過ぎると編集者の負担もあるので、ほどほどのマイペースでやれればと思っております。

マム・タロト

昨日登場した新モンスター、マム・タロトの初見での印象を書いてみます。

 

まず大前提がいくつか。

マムタロトは専用のクエストです。なのでクエスト受注なども他のクエストとは別枠です。

 

そして重要な事。

マムタロトは「集会部屋」単位で狩猟します。

「集会部屋」とは言わばサーバーの事。

ゲームをやめたり、他の集会部屋に移動するとそこで一旦区切られます。

ですが「集会エリア」から出て工房などに行っても、それはサーバーから抜けたわけではないので継続します。

同じ「集会」という言葉がつきますが、エリアと部屋では違うというのが勘違いしやすいところです。

 

 

 

で、戦ってみた感想として。

端的に面白いと思いました。

まずマムタロトは3段階形態を変えていくモンスターです。

最初はほぼ攻撃して来ず、ようやく見つかったら巨大な体躯を武器に大振りな攻撃をしてきます。

しばらく戦うと赤くなります。これは周りの金属が融解している状態のようで、ブレスなどの攻撃をしてくるようになりますが、何より肉質が非常に柔らかくザクザク攻撃が入ります。

最後に纏っていた金属が剥がれ、本体が出てきます。金属が重くしていたのかかなり軽快に動くようになります。

 

第二形態からブレスを使うようになりますが、普通のブレスは真っ直ぐに飛ぶタイプ。結構狙いがしっかりしています。

そしてマムタロト最強の攻撃は真下へのブレスです。真下へブレスを出すと、そこを中心にかなりの広範囲で致死に至るレベルのスリップダメージが、見たこともないようなスピードで入ります。

全体的に大振りな攻撃が多い事から盾持ちが良さそうに思えますが、真下へのブレスがきた時にすぐに武器収納して逃げないと溶けきります。

 

その他、かなり広範囲に尻尾を振って攻撃してきたり、後半戦では突進などもしてきます。

おそらくですが、ガード強化は必要ないように思えます。

 

 

エストが始まると痕跡を集めながらマムタロトを探し、攻撃を繰り返しこちらを気付かせます。

ある程度攻撃していくと広いエリアに移動します。そこで第二形態まで。

そこから形態が変わる毎にエリアを変えていき、最後の角が折れるまで戦うというわけです。

 

 

 

モンスターとしてかなり大きな部類、多分アカムトルムくらいでしょうか。なので非常に攻撃は当てやすい。しかも溶解してるとダメージもたっぷり入る。かといって気を抜くと真下へのブレスで死ぬし、第三形態はかなりスピードもあります。

というわけで、まず戦ってて楽しいモンスターだと率直に思いました。

 

加えて鑑定武器の存在もあります。

これにより、今より更に良い武器を探すというハクスラ的な要素も加わり、モチベーションも維持しやすいかなと思いました。

 

 

全体的に好評価なアップデートとなりましたが、他にも閃光が効きにくくなるのに伴い報酬がよくなってる部分もあるので、じっくりやっていけたらと思います。

 

 

 

 

そして個人的に気になるのは、次はあるのだろうか?という事。前回はプロデューサーがポロリしたような形で今回の予告されましたが、果たして。

MHW:アップデート情報2

CAPCOM:モンスターハンター:ワールド 公式サイト

 

 

そろそろ来るとは思ってたけど、まさかの新モンスター導入という衝撃から一夜。

 

古龍マム・タロト。

 

しかも続報というか、リークというか来てますね。

それによると合同調査との事。

具体的には4人パーティが4組で同時参加。

もし本当なら更なる衝撃であると共に、どうするつもりなのか?というのが気になるところ。

 

パッと思い浮かぶのはフロンティアにいるラヴィエンテ。あれは確か最大100人でしたかね。

あとは同メーカーのドラゴンズドグマにいたウルドラゴン。

まぁ、MMOあたりでいうレイドボスとなるんでしょうか。

 

要するに大きな体力を持った1体のモンスターを複数のパーティで狩るというもの。パーティ毎に戦闘を行うものの、別のパーティは見えない。

 

ただ…どうなんでしょう。

少人数で行けるのか?行った場合のパワーバランスは?途中参加などもどうなるのか。

これらの内容次第では、あまり気軽に行けるものでもないように思えます。

 

それと、もし新しいエリア「地脈の黄金郷」がそれ専用エリアだとすると、このエリアに付随する新モンスターは期待出来なさそうです。

 

果たしてどうなる事やら。

ネットは大いに盛り上がっているようですが。

 

あと個人的には新モンスターもいいんですけど、ワールドのグラフィックで以前のモンスターと戦いたいという気持ちもあったので、それに関しては残念ですね。

 

 

 

 

それと、様々な調整も入るようで。

閃光玉についての調整。それに伴う歴戦個体の報酬の変化が大きな調整でしょう。

あと調査クエストのソートは地味に嬉しい。

ただ、笛についてはもう少し強くてもいいような?

 

 

とにかくどうなるかと、あとは今後どうしていくつもりなのか期待しましょう。

 

 

 

追記

なんかありました。

『モンハン:ワールド』マム・タロトが出現する特別調査の流れが明らかに―報酬にはボーナス付きの鑑定武器が! | インサイド