竜戯

ゲームコミュニケーショングループ【竜戯】のブログとなります。

ボーダーランズ3続報

5/2に行われたイベントで続報が出ました。

続報というか、プレイ動画が初公開されましたね。

 

とりあえず思った事として、今風をボーダーランズなりに取り込んだ作りになっているんだなというのが率直な感想でした。

例えば、オブジェクト乗り越えモーションやスライディング、よじ登りモーションなんかは基本中の基本でしょうか。そしてプリシークエルにあったスラムも復活。ジャンプは今まで通りなんで感覚は違いますが。

あと細かい変更点としては、オブジェクトのドラム缶などを近接攻撃で吹き飛ばせるようになった事。これにより敵の方にドラム缶吹き飛ばして、それを撃ち抜いて爆発させるといった事が出来るようになってます。

あとは遮蔽物を撃つと壊れるようになったようでした。

 

ここまではスラム以外はほぼ今風のFPSをなぞったものだと思いますが、もちろんボーダーランズですからそれだけではありません。

 

まずアクションスキルが選択式になった事。

今までは、例えばローランドならタレット、ブリックならバーサーク、もしくはマヤならフェーズロックなど固定されたアクションスキルとなってましたが、今回は3つのアクションスキルから好きなものを選べるようです。

例えば新たなセイレーン、アマラは「フェーズグラスプ」「フェーズスラム」「フェーズキャスト」の3つ、ゼインという渋い髯のおじさんは「バリア」「センチネル」「デジクローン」の3つがあります。

しかもゼインだけは、グレネードのスロットをアクションスキルに変更して、なんとアクションスキル2つセットも出来るみたいです。

 

次にファイアモードの切り替えが導入された事。

普通のFPSならファイアモード切り替えと言えば「単発」「バースト」「フルオート」のような切り替えが出来る銃を指しますが、ボーダーランズはそんなもんじゃありません。

ピストル弾丸とマイクロミサイルの切り替え、属性が変わる、切り替え後範囲攻撃に変わる、トレースガンとホーミングミサイルの切り替えでトレース後にミサイル撃つとホーミングしたりと。

まぁ、「切り替えってレベルじゃねーよ!」というツッコミ待ちでしょうね。ま、これくらい馬鹿げてる方がらしいでしょうけど。

 

また属性「スラグ」は廃止となりました。やはり2であったようにスラグありきでしか進めない難易度を懸念した結果のようです。

代わりに登場するのが「ラディエーション」です。こちらは攻撃するとスリップダメージが入り、更にそれで倒すと爆発して周りの敵にも「ラディエーション」を振り撒くというもののようです。なんかトーグの社長が好きそうですね。でも放射能だから純粋な爆発じゃないとかも言いそう。

 

それと今回は「パンドラ」の外にも行くそうで。なので拠点は宇宙船「サンクチュアリ3」というところらしいです。

ここには今回はマイルーム的なものもあったり、今までのような自販機やモキシーの酒場があったりするみたいです。あと新施設として落とし物の回収施設があるそうで、取り逃がしたアイテムを自動で回収して後からサンクチュアリでピックアップ出来るとの事。

 

あと遂にボーダーランズにも来たか!という感じになりますが、アイテムスコアのようなものがあるみたいで。という事はスコア上限次第では他のハクスラシューターのようにレベルカンストしてからも先があるという見方が出来ます。

 

その他、各NPC達も相変わらずだったり、アトラスが復活してたり、細かく色々ありますが、総まとめで言うと「正当超進化」というべきかと思います。

 

想像以上の良ゲーだった1。

それを進化させ深化させ、ストーリーのまとめ上げをして神ゲーとなった2。

 

そしてこれ以上ないくらいにハードルが上がりきった状態で迎える3。

 

果たしてこの大きな期待を超えてくれるのか。

ボーダーランズなら、と思いたい。

延期にならなければ9月まで。じっくり待ちましょう。

平成最後の…

と、メディアではひたすら言われてますが。

じゃあ俺にとっての平成とはどうだったんだろう?と考えた時に、やはり「竜戯」だなと思いました。

 

「竜戯」を設立し、「竜戯」と共に笑い遊び過ごした日々が俺にとっての平成でした。

 

それ以前も、それ以外もありましたが、印象的だったのは「竜戯」です。

それ以前は若くてバカばっかりしてましたし、学生時代は特に楽しかった思い出もありませんでした。

また、「竜戯」以外のグループに属した事もありましたが「竜戯」以上はありませんでした。

 

俺にとって「竜戯」とはそういうものです。

今年、改元というタイミングで我々「竜戯」も10周年を迎えます。

 

会える人も会えない人も、みんな仲間です。

これからその中で「会える人たち」と会ってきます。

「竜戯」と共に平成を締め括りに。

 

それでは改めまして。

 

 

「令和」でも「竜戯」で楽しく。

 

Borderlands各種発表!!

先日、ボーダーランズについての各種がなされました。

 

遂に、という表現が本当にしっくり来る。

待ちました。かなり待ちましたね。

 

まずボーダーランズ3の発表。

ナンバリングタイトル来ましたね。いや、これだけ待ったんだからやはりナンバリングは欲しかったので、期待通りでした。また、トレーラーを見ましたが期待の高まるものとなってました。

ふたり組の謎の男達。髪型が対になっていたり顔立ちも似ているので兄弟とかでしょうか。

リリス、モーデカイ、ブリック、ティナはもちろん健在。他にもマーカスや(おそらく)モキシーも。エリーはなんか佇まいはともかく衣装?が変わってます。というかロボになってる?

他にもプリシークエルやら外伝からもキャラクターが登場。

新しい主人公達(だと思われる4人)は、髭のおっさん、ロボット、女性キャラクターがふたり。おそらくひとりはセイレーンだと思われます。予想とは違い、ティナはプレイアブルキャラクターではなさそう。

あとはいつものバンディットやCL4P-TPなどなど。

トレーラーだけでも、例えば新しい乗り物やらスキル的なものも垣間見える内容でした。

とにかく盛りだくさんで、続報が待ち遠しいですね。

 

そして次に、これはこれで驚いたボーダーランズ初代のリマスター。

いや無理でしょ、と思いながら期待していた日本語音声が入ります。しかも2のキャストで。つまりはオール再録でしょう。これは水城が知る限り、リマスターでここまでやったのは初めてでは?と思います。

またシステム面でも2をベースに変更点があり、例えば弾薬やお金の自動取得や、ミニマップ追加、SHIFTコード追加などなど。

更に新しいレジェンダリー武器を実装し、ボスを強化した上でドロップも良くして。

最後に、DLCを全て実装。つまり日本未実装だった最後のDLCも入ってます。

ここまでがっつり期待に応えたリマスターは過去あったでしょうか。ボーダーランズにかける開発の気合と情熱を強く感じます。

価格は発表されていませんが、これなら過去作でもフルプライスでも買いです。損はありません。

 

最後に、2とプリシークエルの4Kリマスター。

もう十分完成されていると言っても過言ではないこの作品にも、全て無料でアップデートが入ります。

我々たつよしの中に4K環境はおりませんが、太っ腹なのだけはよく分かります。

 

 

待たせた分だとしても、なんというか「本気」を見せ付けられた気分です。

今や当たり前にある「ハクスラシューター」というジャンルを開拓したボーダーランズという作品は、やはり伝説的なゲームだという事を痛感しました。

手を抜くなどという事はなく、全てのコンテンツを全力で楽しませようとする開発の意志を感じました。

 

見事。

 

 

これに尽きます。

最早こうなると3も神ゲー確定とも思えますが、まずは座して続報を待ちましょう。

そして3まではリマスターを楽しみましょう。

思いっきり楽しむ事が、我々ファンのすべき事です。

遂にヤツらが帰ってくる!!

遂に、遂にボーダーランズ新作トレーラーが公開されました。

 

『ボーダーランズ』特報トレーラー:Mask of Mayhem - YouTube

 

長かった。

果たして何度2をクリアした事でしょう。

飽きず、懲りずに何度も何度も。

 

待ちながら何度も話しました。

「次はいつだろうね」と。

 

ナンバリングなのか、プリシークエルのような外伝なのか今のところ不明ではありますが、時期的に、そしてトレーラーの中身的にもナンバリングの可能性が高いと思いました。

 

相変わらずの面々。CL4P-TPやブリックさんやモーデカイ、そしておそらくエリーであろうキャラクターもいましたね。

そして…成長したティナ?

なんでしょう。妄想が止まりません。

 

新キャラクターらしき姿もあります。

髭のおっさん、ひとつ目の人型ロボットのようなキャラクター、そして成長したティナのような子と、他にももう一人の女性キャラクター。

 

楽しみですね。

ひたすら楽しみです。

29日の深夜に情報解禁されるようです。

熟練エージェント(笑)の到達

昨夜、遂にレベル30に到達しました。

最後の方はクランメンバーを放置して自分だけガンガン進めてレベル上げてしまって…申し訳ないなと思いますが、とりあえず水城は一段落です。

ストーリーは終わっていませんが、これでむしろ気兼ねなく周りの手伝いが出来るというもの。ま、水城が入ると敵が強くなりますけどね。その分ちゃんと水城は装備を整えて、周りをフォロー出来る体勢を整えていこうかと思っています。

 

で、前述した通りまだストーリーは終わってませんし、サイドクエストもまだまだあります。それにコントロールポイントやアクティビティなんかもまだあります。

そしてダークゾーンも放置してます。

やるべき事はたくさんだし、やったらやったでエンドコンテンツが出てくるわけで。ま、ここからはゆっくりでいいかなと。というか、30になったので「拾った装備品などが無駄にならない」というのが一番大きいですね。

ハクスラの基本ですが、レベル最大になったらその後は「最低でもレベル最大のアイテム」という風になるので、ここまではどんなに良い物があってもレベル最大になったら廃棄なんです。

もちろん今後もワールドクラス解禁によってギアスコアなどが出てきて、それはそれでまた集め直しも必要になりますが、とにもかくにも一段落です。

 

そういえばスペシャリゼーションはレベル30から解禁だと思ってましたが、特にゲーム内でアナウンスありませんね。あれってやっぱりストーリークリアも条件なんでしょうかね。

 

とりあえず次の目標としては、クランメンバーのレベル上げです。

熟練エージェント(笑)の改めての感想

現在レベル28です。

しばらく触ってみて改めて感想を書いてみようかなと思います。

 

単刀直入に結論としては面白いです。

間違いなく購入価格以上は楽しめると思います。

協力プレイがこれだけスムーズに、かつ広範囲で更に深く楽しめるゲームは数多くはありません。他との比較という意味ではかなり優秀な部類と言えるのではないでしょうか。

勿論改善の余地はありますが、それでも十分な完成度だし、個人的にはケルソに会うというミッションがバグで進まなかったんですがすぐに改善パッチ入ったので、そういう対応も良かったなと思います。

 

1との違いという意味では、やはり世界観が明るくなりました。これは景色も季節が変わった事により明るくなったというところもありますし、ストーリー的にもドルインフルが蔓延して半年して落ち着いたという印象もあります。

 

細かいところでは、1ではメインミッションと各施設解放の為のサイドミッション、あとは収集品というのが序盤のやるべき事でしたが、2ではメインミッションとサイドミッション、そしてSHDテックや携帯電話などの収集品の他にコントロールポイントやアクティビティなどが増え、エンドコンテンツに行く前からやるべき事が多いなという印象。

 

スキルの主流も、回復はサポステからケミランになった事により範囲回復が主力から消え、強かったパルスも現状は弱くなりました。改めて「ダメージ受けても回復すれば」という戦い方から「ダメージなるべく受けない」という戦い方に変わり、またパルスがあまり役に立たない割に前作より敵の回り込みが激しく、囲まれるシチュエーションが増えたので自身の索敵が重要になりました。

 

セット装備の仕様が変わった事は今後のビルドに影響が出そうです。1ではシリーズ装備があって、それらを装備している個数によって特殊なスキルが発動してましたが、今回はメーカー?でセット効果があり、それらはあくまでMODレベルというか、補正程度くらいの印象です。それともまだ見付かってないだけでシリーズ装備があるんでしょうか。

特殊なスキルという部分は賛否両論あるかと思います。それがないとダメ、このスキルありき、そういう事象は少なからず出るのがセット装備の定番。もしセット装備が無いんだとすると、単純に補正に補正を重ねてパラメータを上げてビルドしていくようなところになるんでしょう。それはそれで派手なビルドにはならないものの、逆にこれが無きゃダメというのが無くなるのかもしれません。

何にしてもエキゾチック装備はまだ存在しているし、特殊なスキルであるタレントも色々あるようです。セット装備のパラメータ効果とエキゾチック装備のタレントを組み合わせてビルドという方向性になるような気がします。

 

とにかくまだまだやれる事は多いし、何より1では最初はセット装備さえ無かったわけです。後から導入されたシステムです。2でもそういう形で新しい要素が追加されたりしてくるなら、それはそれで楽しみです。

それに現時点で判明している要素としてスペシャリゼーションがあります。

 

どれをとっても楽しみな要素が多く、期待通りだと思います。

 

もうすぐレベル30になりますので、いよいよ「チュートリアル」は終わり。ここからが本番です。とりあえずの目標はクラン「竜戯」のメンバー全員がレベル30になる事でしょうかね。

 

 

あとDivision2はある程度ちゃんと動画配信していきたいと思います。よろしくお願いします。

熟練エージェント(笑)の生放送

最近、「熟練エージェント(笑)のDivision2」という生放送をやっています。

 

熟練エージェント(笑)のDivision2 - YouTube

 

 

動画配信を最近さぼっていたので改めて始めたというところです。で、とりあえずというところで編集無しの生放送から再開。本当はANTHEMで再開しようとしてたんですが、面白さはともかくとしてエラーが多くて。

 

今後はとりあえず生放送を継続していく事が第一目標でしょうか。

 

編集した動画もやりたいんですが、今のところみんな時間があまり無いので、やったとしても1つ作るのにかなり時間が掛かるのが現状です。

 

というわけで、生放送を中心として楽しい配信が出来るようにやっていければなと思っております。